実に・・・興味深い太陽光発電

今回の停電の影響で、太陽光発電への注文が殺到しているとのこと。

実際、自家発電機を購入するんだったら、この際、太陽光発電を購入しちゃえって思いますよね。

しかも、オール電化を使っている家庭としては、電気がなければお湯も沸かせない状況ですから、太陽光発電で蓄電さえできれば、停電時の活用に向いてます。

特に真夏の消費電力が上がる時期なんかは、太陽光発電で作られた電気を使ってエアコンを利用することにより、効率よく電気量を減らすことができますよね。

ちなみに、最近のトレンドはやっぱり東芝のソーラーパネルなんですかね。

人気ありますね。

他にも、シャープ、パナソニック、三菱電機・・・など様々なメーカーからソーラーパネルが発売されています。

太陽光発電比較探検隊(サイト:http://indigotreemusic.com/)で、それぞれの性能をわかりやすく比較しているので、見てみるとおもしろいですよ。

太陽電池の効率

“太陽光を電気に変えるのですが、一般的に売られている太陽電池の変換効率は、太陽電池セルで考えると20パーセントくらいです。

光をそのまま取り入れれば100パーセント電気に変えることが出来るとおもいたいのですが、太陽電池セルの表面で光の一部が反射するために、光の全てがセルの中まで入ることが出来ないのです。

また、太陽エネルギーの太陽電池に光が当たると、その光が太陽電池の中に吸収されて粒子が発生するのですが、長い波長の光などは粒子を発生させることが出来ない場合があります。
それから、粒子が発生しても電極まで到達できない場合や、シリコンなどには、内部抵抗と呼ばれる電気的な抵抗があり、その抵抗が一部の電気を熱に換えてしまっている場合があります。

これらの理由から、単結晶型のシリコン太陽電池の場合、理論的に変動効率の限界は30パーセントくらいと考えられています。
しかし、変動効率と最良の間には一定の関係があるため、材料や素子を工夫することで、半分以上の50パーセントは電気に変えられる可能性もあります。

研究段階ではありますが、変動効率を上げるための材料研究も行われており、私には力がありませんが、いち早く購入できるように製品の開発に取り組んで頂きたいものです。

今主要として使われている単結晶シリコン対応電池は、歴史的にも最も古くので、性能の高いシリコンを使うため変電効果は高いのですか、コストが高くつくのが難点であります。

また、多結晶シリコン太陽で地は、半導体ICの製造過程で出た不良品などをシリコン素材として再利用しているため、結晶と結晶の間で起こるさまざまな障害がおこるので、単結晶に比べて変電効果は劣りますが、素材が安いので現在では生産量が一番多い太陽電池です。”