太陽光発電と雨漏り

太陽光発電は、高重量な太陽電池を屋根に設置するので、大がかりな設置工事がともないます。

それによって、屋根に負担がかかってしまい、雨漏りしてしまったという様なトラブルも少なくないそうです。

太陽光発電を導入する時に、ほとんどの場合が太陽光発電販売代理店で購入すると思いますが、代理店によって保障内容が異なります。

そして、殆どの場合は、その様な雨漏りが起きてしまった場合も、無料で修理する保証などがついていますが、導入する側からすれば、代理店が潰れてしまった場合などは、保証がなくなってしまうのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、代理店が潰れてしまっても、太陽光発電のメーカーが保証してくれる場合もあるのです。

太陽光発電のメーカーは施工を行う業者に対して、施工認定試験を行います。

試験を合格した業者は、メーカーの公認である証のIDを貰えますので、IDを持っている業種が施工したならば、後に問題が起きてしまった時に、メーカーが保証してくれるのです、これから、太陽光発電の導入を考えているかたは、販売代理店がメーカー公認であるかも基準にした方がよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under 太陽光発電とは

Comments are closed.