先進国型の太陽光発電

長らく太陽光発電業界をリードしてきたのは日本ですが、現在は欧州にシェアを取られています。

そして、欧州の次はアメリカが太陽光発電の業界をリードするかもしれません。

実は、現在アメリカでは太陽光発電の技術は余り進んでいません。

一応アメリカ国内で一番のシェアを握っているのは、アメリカのメーカーですが、中国のメーカーが幅を利かせているほどです。

しかし、最近になって、オバマ大統領が大がかりな環境政策を打ち出したのです。

太陽光発電は屋根のプロにおまかせ下さい!その内容としては、太陽光発電の様な再生可能エネルギーに対して、20年で1500億ドルもの投資をするといったものです。

元々、技術はもっている国ですし、本気で太陽光発電の普及に力を入れ、それほどの金額をつぎ込むのであれば、必ず普及するはずです。

アメリカと日本は懇意の中でありますし、もしかしたら、アメリカの太陽光発電の普及に日本の太陽光発電の高い技術力をかって、技術協力を頼むかもしれないので、これは、アメリカだけではなく、日本にとっても大きな経済効果があると思われます。

この様に、太陽光発電は環境問題だけではなく、エネルギー問題、経済問題、雇用問題などの、様々な問題の希望の星と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under 最新情報

Comments are closed.