太陽光発電で地球崩壊を防ぐ

私達が生活を送っている地球が、今は危険な状態に曝されています。

自分達の手で地球崩壊を招いています。

イギリスで起きた産業革命から燃やす時代になり、これからは燃やさない時代へと移行していくでしょう。

車では電気自動車やハイブリッドカー、リサイクルやリユースなど環境に対する意識が少しずつ変わってきています。

誰かがやってくれるという人任せで、無責任な考え方ではなく、先ずは自分からと言う意識を植え付けましょう。

少しの努力や行動が未来へと繋がっていくのです。

まだまだ課題も多い太陽光発電システムですが、研究や開発を繰り返し、着実に進歩を遂げています。

近い将来、全世帯に太陽光発電パネルが設置されていることを願いたいです。

価格も安くなり、国からの援助金も復活して、誰でも気軽に太陽光発電が行える環境を整えることも地球温暖化防止に大切なことではないでしょうか。

2020年代初頭の大きな技術革新で装置価格は現在の20パーセントへ下落して、過去の製造設備が時代遅れになる事も予想されます。

太陽光発電にはまだまだ未知なる可能性が詰まっています。

最大限有効活用するには国の協力や技術力の進化が必要不可欠になってきます。

コメントは受け付けていません。

Filed under 最新情報

Comments are closed.